News

北海道フォトフェスタニュース


昨年の北海道フォトフェスタポートフォリオレビューに、レビュイーとして参加された桑迫伽奈さんの作品が、今年度清里フォトアートミュージアム、ヤング・ポートフォリオにおいてパーマネント・コレクションに選定され、作品収蔵の運びとなりました。

この度ヤング・ポートフォリオにおいて清里フォトアートミュージアムに作品が収蔵・展示される事となり、驚きと共に喜びを噛み締めております。 今回収蔵される事になった作品は、2017年から始めた写真に刺繍を施した『arteria』というシリーズから「after the rain」というタイトルで二点出品しました。 写真に刺繍を施す技法を使っている作家の方は他にもいらっしゃいますが、「写真」という括りの中でどれだけの人に受け入れられ、評価してもらえるのかという点で、少しの不安もありました。 しかし、写真を専門に扱う美術館で審査員の諸先生方に評価して頂けた事はとても誇らしく、これからも制作を続けて行く為の励みにもなりました。 また、今回刺繍写真で出品する事になったのは、昨年のHokkaido Photo Festaでのポートフォリオレビューにて最終審査でのプレゼンテーションの機会を与えて頂けた事も一つのきっかけになりました。 シリーズとしてある程度まとまってきた段階で、どのような場所でどのような方に見て頂くのがこの作品が羽ばたくきっかけになれるかと思案していた時期でもありましたので、願ってもいない機会でした。 作品を作っただけでじっとしていても誰にも届かないし、評価もされません。 大勢の前で自分の言葉で作品について話し、様々な角度・立場からの意見やアドバイスを受ける事で少しずつ作品をもっとたくさんの人に見てもらう為の準備をしていたのだと思います。 今回収蔵される作品は来春に清里フォトアートミュージアムにて展示されますが、同じく札幌でも4月に同シリーズの刺繍写真での個展を予定しております。 私の手から生み出された作品が、これからは私のことを新しい世界に連れて行ってくれるのだと思うと、とてもワクワクすると同時にたくさんの方に見て頂く事になるという緊張感で背筋が伸びる思いです。 これからもより一層制作に励んでいく所存です。(桑迫伽奈)



    

Please follow and like us: