HOKKAIDO PHOTO FESTA2019を終えて

 おかげさまでHOKKAIDO PHOTO FESTA2019も先日、6日間の会期を無事に終了いたしました。

表現としての写真を学び語らう場を北海道で作ろうと有志が集まり昨年、第一回のHOKKAIDO PHOTO FESTAを開催いたしました。今年も昨年の経験を踏まえ企画をし募集をいたしましたところ、ポートフォリオレビューには全国、全道一縁からたくさんの方々にお集まりをいただきました。これもレビュアーとして来ていただいた写真家の百々俊二さん、東京都写真美術館学芸員の関次和子さん、評論家のタカザワケンジさん、写真家の有元慎也さん、写真家のAhn Junさん、エディターの大西洋さんのおかげであると感謝をしております。二日間に渡って開催されたポートフォリオレビューでは、レビュアーの互選で8名のファイナリストを選んでいただき、その中から1名グランプリ作品を選んでいただきました。この選出では全国から集まった皆様の力作にレビュアーの皆様も難儀しましたが、今回は札幌市の桑迫伽奈さんが選ばれました。桑迫さんはデジタルカメラの特性をうまく使った作品で、写真の本質に切り込むすばらいし作品群でした。この受賞で桑迫さんには写真集の出版さらには展開次第で世界への展示の道が開かれたと思います。HPFは桑迫さんをこれからも応援してゆきたいと考えております。

 その他、今回のフェスタのフォーラムでは評論家タカザワケンジさんのレクチャーで「写真家柳沢信の見た北海道」をコメンテーターに札幌在住の写真家酒井広司さんを迎え皆さんと語らいました。昨年当フェスタで企画展を開催した森山大道さんと同じ時代に北海道を撮っていた柳沢信さんにフォーカスをあて、写真の奥深さと魅力を皆さんでお話しをしました。フォーラムは毎回、北海道の写真史をなぞり語らう場を目標としています。

その他、前夜祭では韓国の写真家Ahn Junさんとエディターの大西洋さんに「現代写真と写真集表現」というテーマでトークセッションをしていただきました。現代写真の分野で活躍するAhn Junと写真集表現の世界で活躍する大西洋さんのトークイベントで、広く世界を見るとどのような表現方法があるのかが垣間見ることができる内容でした。

 又、昨年に引き続き東京都写真美術館学芸員の関次和子さんの「ネーチャー写真の昨今」というテーマでワークショップをしていただき、写真家の有元慎也さんには「ストリートフォトの最前線」というテーマでワークショップをしていただきました。

 企画展としては昨年のポートフォリオグランプリに輝いた佐藤弘康さんの作品を展示し、同時に発刊された写真集と合わせて展示販売を行いました。

今回このフェスタに先立ち、四月から同会場で評論家タカザワケンジさんのワークショップを月一で八月まで計5回開催いたしました。タカザワさんのワークショップは東京でも人気の講座で、札幌でも公募する前に定員になる状態でした。やはり単発のワークショップではなかなか身に付けることのできない高度なスキルや、継続的にフォローして自分の作品の完成度を上げたいという方が多いと私たちも実感した次第です。確かにこの後開催されたフェスタのレビューではその成果が出ていたと思います。このプログラムはご要望が多いので来年以降も継続して行きたいと考えております。

このように多彩なプログラムを用意致しましたが、一部に運営上の不手際があり参加者の方々にご迷惑をお掛けする場面もありました。この辺はしっかり検証をして次につなげて行きたいと考えております。

 北海道で表現としての写真を学び語らう場を作るという私たちの目標は、二回目を終え少しずつではありますが成果を形に出来るようになりました。この試みは来年以降も続く予定であります。来年のフェスタではどのようなことが出来るのかこれから検討に入りますが、少しでも目に見える成果を出したいと考えています。

沢山のボランティアスタッフや関係されている皆様に支えられ運営しているフェスタでございます。

今後ともHOKKAIDO PHOTO FESTAをどうぞよろしくお願い致します。

HOKKAIDO PHOTO FESTA実行委員会 実行委員長 大橋英児

ワークショップ参加者募集

来る10月5日(土)に、日本のストリートフォトで現在活躍されている写真家の有元伸也さんによる「ストリートフォトの最前線」、東京都写真美術館学芸員の関次和子さんによる「ネイチャー写真の昨今」のふたつのワークショップを開催いたします。

専門的な視野で写真に関わっておられる講師の貴重なお話を北海道で聴ける場です。関次さんのワークショップは、現在東京でも受けることができません。この機会に、ぜひ、ご参加ください。

講師紹介とワークショップのお申込はこちらからどうぞ。

HPF ポートフォリオレビュー2018グランプリ受賞者、佐藤弘康写真集

佐藤弘康写真集 —EASTERN Hokkaido—

HPF ポートフォリオレビュー2018グランプリ受賞者、佐藤弘康氏の写真集をご購入いただけます。

HOKKAIDO PHOTO FESTA 2018のメインイベントであるポートフォリオレビューのグランプリを獲得した佐藤弘康氏。グランプリのプライズとして氏の写真集「EASTERN Hokkaido」が出版されました。


佐藤弘康氏は新潟県出身の写真家。20代後半で道東の別海町に居を移し、酪農ヘルパーを生業としつつ酪農家の姿を撮影し続けてきました。
作品は35mmフィルムカメラで撮影され、自宅の暗室で手焼きされたバライタ紙のモノクロプリントで仕上げられています。実際に現場に身を置かなければ知りえない酪農家の日常が、そこに表現されています。

10月2日〜6日、ICCにて氏の写真展が開催されます。どうぞご覧下さい。

ご購入はコチラから(外部サイトに移動します)

HPFオフィシャルグッズのご案内

HPF キャンバストートバッグ

HPFオフィシャルグッズのご案内です。

HOKKAIDO PHOTO FESTAのロゴが入ったキャンバスバッグです。
帆布と呼ばれるバッグによく使用されている、厚手で丈夫な生地です。
重たい機材にも使用ができるよう12オンスのコットン生地を採用しました。
強度があるため、たくさんの荷物が入れられます。

たくさんのみなさんにお使いいただけますように(^^)

ご購入はコチラから(外部サイトに移動します)

ポートフォリオレビュー募集期間を延長します。

20日(金)に予定していたポートフォリオレビューの応募〆切りですが、まだ少し枠に空きがあるため25日(水)まで延長いたします。

ご自身の作品と深く向き合い、新たな気付きを得るこの機会を、どうぞご活用ください。

Hokkaido Photo Festa ポートフォリオレビューの詳細とお申込はコチラ。

レビュイーのご活躍

北海道フォトフェスタニュース


昨年の北海道フォトフェスタポートフォリオレビューに、レビュイーとして参加された桑迫伽奈さんの作品が、今年度清里フォトアートミュージアム、ヤング・ポートフォリオにおいてパーマネント・コレクションに選定され、作品収蔵の運びとなりました。

この度ヤング・ポートフォリオにおいて清里フォトアートミュージアムに作品が収蔵・展示される事となり、驚きと共に喜びを噛み締めております。 今回収蔵される事になった作品は、2017年から始めた写真に刺繍を施した『arteria』というシリーズから「after the rain」というタイトルで二点出品しました。 写真に刺繍を施す技法を使っている作家の方は他にもいらっしゃいますが、「写真」という括りの中でどれだけの人に受け入れられ、評価してもらえるのかという点で、少しの不安もありました。 しかし、写真を専門に扱う美術館で審査員の諸先生方に評価して頂けた事はとても誇らしく、これからも制作を続けて行く為の励みにもなりました。 また、今回刺繍写真で出品する事になったのは、昨年のHokkaido Photo Festaでのポートフォリオレビューにて最終審査でのプレゼンテーションの機会を与えて頂けた事も一つのきっかけになりました。 シリーズとしてある程度まとまってきた段階で、どのような場所でどのような方に見て頂くのがこの作品が羽ばたくきっかけになれるかと思案していた時期でもありましたので、願ってもいない機会でした。 作品を作っただけでじっとしていても誰にも届かないし、評価もされません。 大勢の前で自分の言葉で作品について話し、様々な角度・立場からの意見やアドバイスを受ける事で少しずつ作品をもっとたくさんの人に見てもらう為の準備をしていたのだと思います。 今回収蔵される作品は来春に清里フォトアートミュージアムにて展示されますが、同じく札幌でも4月に同シリーズの刺繍写真での個展を予定しております。 私の手から生み出された作品が、これからは私のことを新しい世界に連れて行ってくれるのだと思うと、とてもワクワクすると同時にたくさんの方に見て頂く事になるという緊張感で背筋が伸びる思いです。 これからもより一層制作に励んでいく所存です。(桑迫伽奈)



    

Portfolio Review

Portfolio Review

ポートフォリオレビュー

HOKKAIDO PHOTO FESTAは、北海道から発信する、写真の可能性に挑戦する写真家の発掘、育成を目的とした写真祭です。
今回も本レビューでは、新しい写真表現の場の提供という目的で、著名な写真家、キュレーター、写真評論家の方々がレビュアーとして参加していただいております。
レビュー以外にも、優れた作品にはレビュアーの審査選出により写真集出版の道が開かれております。(作品の内容等により、写真集出版に至らない場合もございます)
秋の北海道であなたの写真表現を思う存分試してみてください。北海道はもちろん、全国の皆様のご応募をお待ちしております。

レビュワー

百々俊二(写真家)

 1947年大阪生まれ。1970年に九州産業大学芸術学部写真学科卒業 、同年東京 写真専門学校教員に。1972年 大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ専門学校・大阪)教員となり、1998年 同校学校長に就任。2015年には入江泰吉記念奈良市写真美術館館長に就任。写真家であり写真教育者としても写真と関わり続けている。
1996年写真集『楽土紀伊半島』で日本写真協会年度賞 、1999年 写真集『千年楽土』で第24回伊奈信男賞。2007年 日本写真芸術学会・芸術賞。
2011年には写真集『大阪』で第23回写真の会賞と、第27回東川賞飛彈野数右衛門賞を受賞。
2014年に出版された写真集『日本海』では、稚内、利尻島から佐渡島を経て山口県の萩まで、日本海沿岸を4年の歳月をかけて撮影した。

タカザワケンジ(写真評論家)

写真家インタビューを雑誌に寄稿。「Study of PHOTO 名作が生まれるとき」(ピー・エヌ・エヌ新社)日本語監修。渡辺兼人写真集「既視の街」(東京綜合写真専門学校、AG+Gallery)の構成と解説など、写真集製作にも携わる。著書に「挑発する写真史」(金村修と共著、平凡社)がある。東京造形大学、東京綜合写真専門学校ほかで非常勤講師を務める。

関次和子(東京都写真美術館学芸員)

東京都生まれ。多摩美術大学美術学部芸術学科卒業。1990年より東京都写真美術館に勤務。自然写真史、山岳写真史研究。企画した主な展覧会に「山を愛する写真家たち 日本山岳写真の系譜」(’99年)、「ナチュラリスト・田淵行男の世界」(’05年)、「海中2万7千時間の旅 中村征夫」(’06年)、「昆虫4億年の旅 今森光彦」(’08年)、「黒部と槍 冠松次郎と穂苅三寿雄」(’14年)など。英国自然史博物館主催「Wildlife Photographer of the Year 2015」、「5th Singapore International Photography Festival 2016」審査員。

有元伸也(写真家)

1971年、大阪府生まれ。1994年、ビジュアルアーツ専門学校大阪卒業後フリーランスフォトグラファーとして活動を開始。1998年、写真集「西藏より肖像」にて第35回太陽賞受賞。2008年、自身の作品発表の場として東京・四谷にTOTEM POLE PHOTO GALLERYを設立。以降、国内外での展覧会や写真集出版などを中心に活動を続ける。2017年、写真集「TOKYO CIRCULATION」にて第26回林忠彦賞、日本写真家協会作家賞を同時受賞。2019年、写真集「TIBET」(Zen Foto Gallery)を出版。

大西洋(株式会社shashasha、株式会社CASE代表)

1966年生まれ。金融機関勤務、投資会社設立を経て2008年に美術情報誌 Articleを創刊。2012年より日本とアジアの写真集にフォーカスしたオンライン書店 shashashaをスタート。2015年には、case publishingを設立。「表現としての写真集」を考え、新たに本が与える体験を伝えるべく、精力的に活動をしている。

アンジュン(写真家)

Ahn Junは韓国の写真家で、主に都市の高層ビルから撮影したセルフポートレートで知られています。彼女は2006年に南カルフォルニア大学で学位を取得し卒業したのち、2013年にパーソンズ美術大学でMFA(美術学修士)を取得しました。さらに2017年に韓国の弘益大学で写真ついて博士号を取得しました。彼女は私たちの認識を超えて世界の隠された美しさを探し出そうとしています。彼女は韓国、日本、アメリカ、香港、スイスで7回の個展を開催し、トリエンナーレ・ハンプルク、シュライン・クンストハル、ニューヨクにあるアパチャー・ギャラリーなど世界中で展示されています。又、2013年にはBritish Journal of Photographyにおいて20人の写真家の一人として選ばれています。

日 時:

10月5日(土)、6日(日)

会 場:

ICC(インタークロス・クリエイティブ・センター) 1階クロスガーデン
札幌市白石区東札幌5条1丁目1−1
◎地下鉄東西線:東札幌駅/徒歩7分

内 容:

10枚以上50枚までの組写真(ポートフォリオ)をレビュアーから講評を受ける
テーマの指定はありません
グランプリ作品は写真集の出版の道が拓ける(内容等により、出版に至らない場合もあります)(協力:Case Publishing)
作品はブックにせず、ボックスなどに入れたバラの状態でご持参ください。

参加費:

8,500円(レビュワー2名指名)
希望者多数の場合、指名はご希望に添えない場合もございます
追加枠レビュワー1名につき6,500円

申 込:

ポートフォリオレビューお申し込みフォーム(募集は終了いたしました)

本応募要項(応募規約)につきましては随時改訂される場合があります。必ず応募時点の規約をご確認ください。
スマホ、タブレットからのご応募はできません。必ずパソコンからお手続きをお願いいたします。

グランプリ:写真集出版
(グランプリに該当する作品がない等、写真集出版に至らない場合もございます。

(写真はイメージです)


ポートフォリオレビュー募集要項

応募資格

国籍、年齢、性別、経験(プロ・アマチュア)は問いません。個人での応募とし、グループや団体、法人などの応募は認めません。18歳未満の方は、保護者の同意が必要です。応募された場合、保護者の同意があったものとみなします。

応募条件

応募について

・10枚以上50枚以下の組写真作品とし、1名につき1作品のみの応募とします。

・テーマは自由です。

・応募者自身が撮影し、現に著作権を有する写真に限ります。

・作品制作に使用する撮影機材やプリント機材などの銘柄は問いません。合成やコラージュなどの加工した作品も応募可能です。

・応募はプリントされた作品のみとさせていただきます。サイズは六つ切り、またはA4サイズとします。

・箱などにいれた、バラの状態として下さい。ブック式のファイルなどは不可です。

・スライドや動画は応募できません。

・写真表現とみなすことができないと判断された作品につきましては、受付しない場合があります。

・応募作品は未発表のものに限らず、写真コンテスト等に応募している作品も応募可能です。ただし、オリジナル作品に限るものとし、写真集として出版されている作品は応募不可とします。

応募方法

応募される方は、2019年8月1日(木)〜9月25日(水)の23時59分までに、応募フォームよりお申し込みください。応募と同時に作品を5枚程度のサムネイル(長辺1,000ピクセル程度)を添付してください。応募フォームと同時に所定の様式で参加費を納めてください。お申し込みの内容と入金を確認した後に、確認メール(各種連絡事項を含む)を、1週間以内に返信します。 応募作品は原則、2019年10月5日のポートフォリオレビュー初日に持参してください。 尚、ポートフォリオレビューグランプリの応募のみで、レビューを受けない場合も、参加費は8500円となります。 レビューを受けずにグランプリに応募のみの方は、その旨を応募フォームの備考欄に記載してください。作品と、作品に関する狙いなどを記載したステートメント(A4版一枚以内)を期日までに郵送していただきます。郵送先は申し込みの返信のメールにてお知らせいたします。 また、別紙に作品返送の必要の有無を記載し、返送を希望する方は、返送に必要な切手を添付した封筒(返送先の住所等を記載すること)も同封してください。返送を希望されない方の作品については、事務局で責任を持って破棄致します。

選考の流れ等

2019年10月5日(土)10:00からポートフォリオレビューを開始します。応募者は当日の9:30までに会場に入り、受付してください。10月5日、6日のポートフォリオレビューと、事前に作品を郵送された方々の中から審査をして、10月6日13:00にファイナリスト6名を発表します。その後、13:30から、ファイナリストとして応募作品に関するプレゼンテーションをしていただくほか、これまでの写真活動内容や今後の活動方向などについてもヒヤリングがあります。10月6日15:00から最終審査を実施し、16:00グランプリを選出・発表する予定です。

参加費用

8500円(レビュアー2名を指名)(応募状況により、希望に添えない場合もあります) 応募状況により、希望者は追加でレビューを受けられます。その場合、レビュアー1名に付き、6500円の追加料金をいただきます。

ポートフォリオレビューお申込フォーム(募集は終了いたしました)